告げ口の歌「いーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろ」

告げ口の歌「いーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろ」

子供の頃に感覚として嫌だなと思っていた歌が、告げ口のときに囃し立てるように言う「いーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろ」。

あれは一体いくつくらいの頃に、誰から教わったのだろう。年齢としては、幼稚園の頃にはすでに誰かが言っていたような気がする。親から教わった覚えもないし、先生が、わざわざ自分への告げ口のための歌を教えていたのだろうか。全国的に存在するようなので、何かのテレビ番組の影響だろうか。また、今の子供たちも告げ口のときに歌っているのだろうか。

子供心に、あのときの声が苦手だった。

自分が物凄く罪深いことをし、「先生」に言いつけられる、というときの不安感や胸の痛み、「いーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろ」という(拍子に合わせて人差し指を上下に動かして何度も指差していたような記憶もある)他人を責めるとき特有の声の調子が嫌だった。

この告げ口の歌は、全国各地にあるが、歌詞は地域ごとで方言が混じっているなど違いも見られるようだ。

僕の住んでいた地域は関東で、歌詞の冒頭は「いーけないんだ、いけないんだ」だった。これは全国的にオーソドックスな形で、関東では、他に、「あらら、こらら」が多く、「ありゃりゃこりゃりゃ」「あややこやや(栃木)」「あーらっせ、こーらっせ(千葉)」などもある。

関西地方では、「いってやろ、いってやろ(近畿、中国)」「ゆーたーろ、ゆーたーろ(近畿)」「いやや、こやや(近畿)」「いーしゃーしゃ、こーしゃーしゃ(大阪、京都、奈良)」など、また、「わーりっちゃ、わーりっちゃ(福井)」「まーねんだ、まーねんだ(青森)」といった風に、地域によって形が様々ある。

地域ごとの歌詞については、『日本各地の「先生に言ってやろ」コレクション』『都道府県「先生に言ってやろう」マップ』に詳しく纏められている。

歌詞は色々あれども、曲だけは概ね共通しているようだ。

絶妙に不安感を引き起こさせる曲調。突然、ぞろぞろとクラスメイトたちが周囲を取り囲み、指を差しながら、この告げ口の歌を歌い続ける、という悪夢でもありそうだ。作曲者は不明で、いつ頃からどういう経緯で広まったのかも謎であり、昭和20年代には歌われていたのではないかという話もあるが、正確な起源はわからない。

昭和30年代に小学生でした。 「あーららこらら いーけないんだ、いけないんだ せーんせーにいってやろ」 でしたね。 (神奈川県ですが、多分東京あたりでも同じだったと思います) その当時、年上の友達が同じ囃し唄を歌ってましたので、まず間違いなく昭和20年代からあったものだと思います。もっと古いかもしれません。–  参照 : 戦前戦後の「先生に言ってやろ」

ネット上の掲示板を見ていると、戦前からあったという書き込みや海外の古い民謡が起源だという書き込みもあったが、これも真実かどうかは確認のしようがない。

それにしても、インターネットもない、場合によってはテレビもない時代に、全国の子供たちが同じ曲調で歌っている、ということが驚きで、だとすれば、ある時期に、国が教育の一環として広く教えたか、もっと古くから浸透している伝統的なものなのかもしれない。でも、前者なら記録が残っているだろうから、もしかしたら相当長い歴史や文化的背景があるのだろうか。

どこか「世間様」や「お天道様」が見ている、といったメンタリティにも通じるものがあるような気もする。そもそも、先生に言うなら、さっさと先生に言えばいい話で、わざわざ「先生に言ってやろ」と宣言する必要もない。

実際に先生に告げ口され、怒られた記憶よりも、この「先生に言ってやろ」という事前忠告の歌のほうが印象に残っているということは、こちらのほうが意味合いとして大きいのかもしれない。

気づいたら子供たちの世界に溶け込み、違和感なく行われるようになり、そのことが将来に渡って呪縛のような働きをしている、とすれば、それはそれでちょっと怖く、不思議な話でもある。

体育座りの歴史〜いつからあるか〜

11+