「思う」と「考える」と「感じる」の違いとは

「思う」と「考える」と「感じる」の違いとは

よく文章では「思う」という動詞が使用される。同じ思考を表す言葉として、「考える」もあるが、この両者の違いは一体どの辺りにあるだろうか。まず、基本的に「思う」という言葉の意味の幅が広く、「考える」を一部含んでいる。たとえば、「明日はきっと晴れると思う」と「明日はきっと晴れると考える」というのは、意味に関し、一定の重なりがある。ただ、「思う」は、情緒的な願いも含み、「なんでそう思うの?」と問われたら、様々な答えが返ってくることが想定される。

–   明日はきっと晴れると思う。

–   なんでそう思うの?

–   思うからさ。

別に、映画のワンシーンなどで、こうした会話があっても不自然ではない。単なる願いや希望的観測であれば、理由があってもなくても構わないからだ。一方の「考える」には、「思う」のような情緒的な面はなく、「なんでそう考えるの?」と問われたら、ちゃんと論理的な説明が行われる必要がある。

–   明日はきっと晴れると考える。

–   なんでそう考えるの?

–   考えるからさ。

この会話が少し変に聞こえる理由は、「考える」ということには、必ず思考的な道筋があるからだ。その「考える」の中身を聞かせてよ、となる。逆に、「思う」を「考える」のニュアンスで使用し、「なんでそう思うの」という質問に論理的な理由を答えても不思議ではない。先ほども触れたように、この「思う」という言葉を使う際は、一部「考える」も含まれているからだ。

しかし、いったん文章から切り離し、ベッドに寝転がり、単純に「思う(想う)」と「考える」を比較してみると、両者には動く部位に違いがあることが分かる。抽象的な表現になるが、端的に言えば、「思う」は胸の辺り、「考える」は頭の辺りが反応している。ただ、繰り返しになるが、分離させ、独立した状態で比較すると違いが見えるものの、文章や会話で使われる場合は、より複合的に入り混じっている。そのとき君はどう思ったの? という質問は、情緒的にどう思ったか、ということも、また論理的にどう考えたのか、ということも含まれる。

もう一つ、似たような表現として、「感じる」という動詞もある。これは、論理や情緒よりも、感覚的なもの、五感に由来するような直感のニュアンスが大きい表現だ。痛いと感じる、痛いと思う、痛いと考える。誰かにいきなりつねられたとき、「痛っ!」となる。この「痛っ」となる部位は、「思う」や「考える」よりもはっきりしない。情緒的な解釈(「思う」)や論理的な解釈(「考える」)を経由せず、直接的に「感じる」ものだ。

この三つを、仮に能力や特性という視点で分けるとするなら、情緒、論理的思考力、感受性、といった辺りになるだろう。それぞれ育む、あるいは守るべき重要なものだと思う。

1+