未知と既知の境界線

未知と既知の境界線

未知は、「まだ知らないこと」を意味し、対義語である既知は、「既に知っていること」を意味する。それでは、この未知と既知の境界線とは、一体どの辺りに引かれるのだろうか。たとえば、人参にんじんが目の前にあるとする。この人参は、未知だろうか、既知だろうか。人参、という言葉を耳にし、あの色味と形が浮かんだら、「知っている」と言えるだろうか。あるいは、既知と言えるのに必要な要素は、人参の味や料理の仕方だろうか。育て方だろうか。土の匂いだろうか、流通の経路だろうか。栄養素や成分だろうか(そもそも栄養素や成分は、果たして全て判明しているのだろうか)。人参のことを、知っている、と言えば知っているし、知らない、と言えば知らない。とは言え、「人参を知っている?」と尋ねられた際、知っている、と答えるのではないだろうか。それでは、人間にんげんなら、どうか。ある身近な人間は、未知か、それとも既知か。最初は全く知らなかったはずの未知の人物が、一体どれくらい知っていくと、既知という感覚に変わるだろうか。また、近しいと思っている人物のことでさえ、僕たちは本当に「知っている」と言えるだろうか。未知と既知、その境界線は、意外と曖昧である。もしかしたら、既知に至る条件は、知識量より、「慣れる(「知っているという錯覚」)」という感覚的な側面のほうが大きいのかもしれない。

0