原因ときっかけの違い

原因ときっかけの違い

原因という言葉がある。これはよく使われる言葉で、物事の原因を探る、といった使われ方をされ、何が理由でこうなったか、という出発点を意味する。

一方、似たような類語として、「きっかけ(漢字表記では「切っ掛け」と書く)」という表現もある。こちらも、広く言えば、物事がそうなった理由を意味する。

辞書的な定義としては、それぞれ以下の通りとなる。

原因 : ある物事や状態をひき起こすもと(として働くこと)

きっかけ : 物事を始めるはずみ(となるもの)。機会や動機や手がかり。

意味としては概ね似ているが、原因ときっかけには違いがある。もう少し正確に言えば、原因ときっかけは、「必ずしも同じではない」と言える。

この「原因」と「きっかけ」の違いについて、具体例を用いながら考えてみたいと思う。

たとえば、もう一杯一杯だ、と誰かが涙を流したとき、涙がこぼれた「原因」とは何か。恐らく、そのときの原因は一つとは限らないだろう。

仕事のストレスかもしれないし、恋愛の悩みかもしれない。子供の頃に負った心の傷が少しずつ蓄積していたのかもしれない。また、その様々な要因が、複合的かつ複雑に絡み合っていたのかもしれない。

別の視点から、「ちょっと待ってくれ、その原因を説明しよう」と、身体的な「メカニズム」を、涙の原因の説明に当てる科学者もいるかもしれない。

あるいは、コップの水が今にも溢れ出しそうなときに、周囲の人に言われた些細な一言が「最後の一滴」となって涙が溢れた際、そのきっかけとなった一言が、原因の全てを押し付けられることもあるだろう。

しかし、それは「きっかけ」ではあったとしても、「原因(の全て)」とは限らない。

それにもかかわらず、我々は、つい「原因」を排除すれば「解決」に向かう、と考え、その「原因」として、単一であり表面的なものを犯人に仕立てる傾向にある。

きっかけに過ぎないものが、全部の原因だと思い、そのきっかけとなった対象さえ排除すれば、もう安心だ、と思う。

だが、本当にそれは「原因」だったのか。単なる「きっかけ」ではないのか、あるいは、これが原因です、と指摘されているものは、「メカニズム」の説明に過ぎないのではないか。

原因というのは「一つ」なのか、また、その「奥」の根本的な原因もあるのではないか。

こうした疑問を持つというのは非常に重要である。

さもなくば、その都度、目に入った「きっかけ」を排除しては束の間の安心を得る、ということを繰り返すことになる。そして、ほんとうに大切なものまで捨て去っていくことになるかもしれない。

対処法も大きく変わるので、原因ときっかけの違いは、よく見極める必要がある。

19+