議論の方法

議論の方法

議論というのは、長期的ビジョンが共有された状態で具体的な道のりや速度を決定する際には効果的だが、根底が共有されていない場合、基本的に意味がないと僕は思う。

互いの主張をぶつけ合い、どちらかが破壊されるまで衝突し続けるか、永遠にすれ違いを続けるか。いずれにせよ、終わったあとに、ただ、「勝った」という高揚感か、虚しい疲弊だけが残ることになる。

それでも、もし議論になった際、僕が大事にしたいと思うのは、「違い」を把握すること。

どちらが正しいかの議論だと喧嘩になるし、喧嘩腰になればもう本来の目的も忘れ去られ、勝敗のみが主目的になる。

重要なことは、どちらが正しいかではなく、どこが違うかを、丁寧にすり合わせることだと思う。

そして、互いの違いを認識したら終わりにし、あとは持ち帰って各々の判断に任せる。

以下、その辺りをもう少しだけ詳しく説明したいと思う。

議論が、ただの衝突に終始する場合、それぞれの正義をぶつけ合っているだけのことが多く、その場合、前提の認識が違っていることも多々ある。

こういう現状認識で、こういう理由で、こういう結論に至った、と一人が考える。

もう一人は、彼と全く違った現状認識で、こういう理由で、こういう結論に至った、と考える。

現状認識というのは、知識量もあるだろうし、立場や視点もある。

まず、その時点で違いがあるようなら、結論同士の議論だけを行なっても仕方がない。

私は、こういう現状認識で、こういう理論的な経緯を経て、こういう結論に辿り着いた、と互いに伝え合い、すり合わせ、この部分で違いがあるんですね、と了解し合う。

この了解を、議論の終わらせ方とする方法が一番よいのではないか、と個人的には思う。

0