階級社会とボカノフスキー法(『すばらしい新世界』)

階級社会とボカノフスキー法(『すばらしい新世界』) オルダス・ハクスリーのディストピア小説『すばらしい新世界』のなかでは、一つの世界国家が支配し、「共有・均等・安定」がスローガンとして掲げられている。その実現のために、徹 […]

101号室とは(『1984年』)

101号室(『1984年』) ジョージ・オーウェルの『1984年』には、クライマックスの辺りで101号室という部屋が登場する。全体主義国家オセアニアの省庁には愛情省があり、省の施設内に、思考警察に捕えられた政治犯たちから […]

ソーマとは(『すばらしい新世界』)

ソーマとは(『すばらしい新世界』) 英国で1932年に出版された、オルダス・ハクスリーのディストピア小説『すばらしい新世界』では、ソーマと呼ばれる錠剤が描かれる。ソーマとは、多幸感や快楽、心地よい幻覚作用をもたらす薬で、 […]

愛情省とは(『1984年』)

愛情省とは(『1984年』) ジョージ・オーウェルの小説『1984年』の世界では、絶対的な独裁者であるビッグブラザーの監視の目は、テレスクリーンや密告などによってあらゆる場所に張り巡らされている。至る所に貼られたポスター […]