壁のない刑務所

壁のない刑務所

以下は『すばらしい新世界』の作者オルダス・ハクスリーの言葉と言われている(が、実際の出典はよく分かっていないようだ)。

The perfect dictatorship would have the appearance of a democracy, but would basically be a prison without walls in which the prisoners would not even dream of escaping. It would essentially be a system of slavery where, through consumption and entertainment, the slaves would love their servitudes. -  Aldous Huxley

完璧な独裁政権は、民主主義のように見えますが、その実、囚人が逃げることさえ夢にも思わない壁のない刑務所になります。それは本質的に奴隷制のシステムであり、消費と娯楽を通し、奴隷たちは彼らの奴隷制を愛するでしょう。 – オルダス・ハクスリー

その世界の住人は、逃げようとさえ夢見ない「壁のない刑務所」の囚人で、その奴隷システム自体を愛している。

ある英国人は、「オーウェルの『1984年』は、まだ独立した思考が可能だが、ハクスリーの『すばらしい新世界』では、本質的に事前にプログラムされたロボットのような存在として我々が想定されているという点で、ハクスリーの描くディストピアのほうが怖い」と書いている。

0