「あなたはまだいいよね」

「あなたはまだいいよね」

誰かの愚痴や不満を聞いていると、ふと心によぎる言葉。「あなたはまだいいよね」。それぞれにそれぞれの許容量があり、状況があり、溢れ出すものがあると分かっていながら、それでも自分に余裕がなく、うっかり思ってしまうこと。自分が持っていないものを相手が持っている、その持っているものの悩みを聞くとき、ひとつひとつの悩みは当然で、正当だと思いながら、心の底に「あなたはまだいいよね」という、一言では言い表せない感情が渦巻く。そして、それはきっと同時に、あるいは、別の機会に相手も抱いていることかもしれない。

それでは、同じものを、同じ量だけ持ち、同じぶんだけ足りなく思う者同士でしか慰め合うことはできないのだろうか。果たして、この世界のどこかに、そういう相手が存在するのだろうか。探しても、探しても、孤独に行き着くのではないだろうか。詩人の萩原朔太郎は、詩集『月に吠える』の序文で次のように人間の宿命を綴っている。

人間は一人一人にちがった肉体と、ちがった神経とをもって居る。我のかなしみは彼のかなしみではない。彼のよろこびは我のよろこびではない。人は一人一人では、いつも永久に、永久に、恐ろしい孤独である。原始以来、神は幾億万人という人間を造った。けれども全く同じ顔の人間を、決して二人とは造りはしなかった。人はだれでも単位で生れて、永久に単位で死ななければならない。 –  萩原朔太郎『月に吠える』

あなたはまだいいよね、という感情がよぎるとき、まずは誰もが違うのだ、ということを受け入れなければいけない。そして、同時に、誰も辛く、悲しく、寂しいのだ、ということも。その寂しさが、むき出しになっているか、ひととき何かで覆い隠されたり、麻痺させているだけの違いに過ぎない。その孤独で弱い生き物同士が、偶然、出会ったということ。分かり合える瞬間があったということ。その縁を尊く感じながら、支え合って生きていく以外にないのではないだろうか。

–  それは希望かね。

–  いいえ。

–  それは愛かね。

–  いいえ。でも、ほのかに優しい何かではあるかと。

0