芸術家の横尾忠則さん、マスクの影響で呼吸困難

芸術家の横尾忠則さん、マスクの影響で呼吸困難

芸術家の横尾忠則さんが、半年ほど息苦しさに悩まされ、検査をするも原因不明。しかし、あるときふとマスクが原因ではないかと考え、呼吸法を採り入れたら、たちまち平常に戻ったとツイート。

横尾さんがネットで調べてみると、呼吸困難の人が激増していると知り、これはマスクが原因であり、コロナを防御したことによる弊害だと指摘している。

自分はいくらマスクをつけても平気だ、だからみんな我慢すべきだ、という人もいる。しかし、身体の許容量や感受性は人それぞれで、負担の大きい人、影響を受けやすい人もいるだろう。

一人一人が人間であり、それぞれの心があり、身体がある以上、「対策」というのも、本来、それぞれに見合った形で行われるべきもので、一律に強要すべきことではないと思う。

また、すぐに影響が見られないからと無視されるかもしれないが、徐々に色々な面で負の影響が出てくることも考えられる。

メリットとデメリットなど、一人一人が考慮して判断する姿勢が重要なのではないだろうか。

26+