ムンクの『叫び』意味と解説

ムンクの『叫び』意味と解説

エドヴァルド・ムンクは1863年に生まれ、1944年に亡くなるノルウェーの画家で、代表作として世界的に知られた『叫び』がある。

ムンクの『叫び』は、1893年に制作された作品で、全部で5種類存在する。もっとも代表的な『叫び』が、1893年の油彩画で、オスロ国立美術館に所蔵されている。

ムンク『叫び』

エドヴァルド・ムンク『叫び』 1893年

他の種類としては、クレヨン版、パステル版、リトグラフ版、テンペラ版の『叫び』を残している。

色々な作風のものがあっても、別に偽物が横行しているわけではなく、どの作品も本物の『叫び』である。

クレヨン版『叫び』  1893年

パステル版『叫び』 1895年

リトグラフ

リトグラフ版『叫び』 1895年

テンペラ版『叫び』 1910年

ムンクの『叫び』と言うと、橋の上(このモデルとなった舞台はオスロに実在し、自殺の名所だと言われている)に立っている人物が、両手を頬にくっつけ、この世の終わりであるように絶叫している様子が思い浮かぶ。

しかし、この『叫び』の本当の意味は、ムンク本人の書いた日記の一文を読むとわかる。実は『叫び』のなかで叫んでいるのは、この人物ではないのである。

ムンクは、1892年1月22日の日記で次のように書いている。

私は二人の友人と一緒に道を歩いていた。日が暮れようとしていた。突然、空が赤くなった。私は立ち止まり、疲れを感じ、柵によりかかった。そのとき見た景色は、青黒いフィヨルドと町並みの上に炎のような血と舌が被さるような感じだった。

友人は気にせず歩いていたが、私は不安に襲われてその場に立ちすくんだ。そして私は自然を通り抜けていく無限の叫び声を聞いた。 –  ムンクの日記

突如として激しい不安に襲われたムンクは、「自然を通り抜けていく無限の叫び声を聞いた」とある。叫んでいるのは、自然であり、世界のほうなのである。

その世界の叫びに、耳を塞ぎ、おののいている。世界の叫びに呼応している、と言ってもいいかもしれない。

また、『叫び』のイメージについて綴った文章でも、同じように「叫び声を聞いた」と書いている。

ある夜、私が町を散歩していると、片側に町が見え、その下にフィヨルドがあった。私は疲れていて、病気を感じた。足を止めてフィヨルドのほうに目を向けると、太陽が沈みかかっていて、雲は血のような赤に染まりつつあった。

私は自然を通り抜けていく叫び声を感じた。私は叫び声を聞いたように思えた。私はこの絵で、実際の血のような色の雲を描いた。その色味は悲鳴(shriek)のようだった。そしてこの絵は「叫び(The Scream)」になった。 –  作品解説 エドヴァルド・ムンク「叫び」

ムンクは狂気の人と言われ、実際、『叫び』を描いた10年後辺りから被害妄想などの精神症状が現れるようになり、病院の療養生活も送っている。

この作品も、もしかしたらその兆候がすでに出ていたのかもしれない。

しかし、もしこのことが異常で、ムンク特有のものであるなら、芸術作品として世界的に知られることはなかっただろう。

むしろ、繊細さゆえに、より真実に近づいたことから生じた経験であり、現象と言えるのではないだろうか。

もともと考えられていたタイトルも、ドイツ語で「自然の叫び」を意味する『Der Schrei der Natur(The Scream of Nature)』だったようだ。

自然が叫び、その叫びを聞いた人間が恐れおののき、全体が叫んでいるように見える、美しい境界線の溶け方だと思う。

4+