国家 / 政府による監視の方法

国家 / 政府による監視の方法

国家による監視の方法を知りたい場合におすすめなのが、実際の元CIA、元NSA局員エドワード・スノーデン氏を題材にした『スノーデン』という映画だ。

どこまでがノンフィクシンで、どこまでがフィクションか、という境界性は分かりづらいが、たとえフィクションで包んであったとしても、本質的な部分はむしろそれゆえにシンプルに伝わってくる。

アメリカ政府が行なっていた監視の方法、そして国家による近代テクノロジーを利用した監視社会の実態。また、その監視構造の一部を担っていたスノーデン自身が、自分が監視されていることの恐怖に怯えるようになる、というのも重要なポイントだろう。

これは対岸の火事ではなく、日本も監視対象に入り、映画の途中では局員時代にスノーデンが日本を訪れるシーンが挿入される。

そこでは日本の重要なシステムにウイルスを忍ばせ、万が一アメリカとの同盟関係を断つ(それはすなわちアメリカに逆らうことがあれば、ということだろう)、ということになれば、そのウイルスを作動させる、と語られている。

オリバー・ストーン『スノーデン』

監視の手法は、実際に映画を観てもらえれば、その不気味な具体像が見えてくる。たとえば、その一つが、デジタル機器を通して行われる盗撮である。SF小説さながら、パソコンのカメラの画面の奥から、政府が監視している。

参照記事 : M・ザッカーバーグ氏のノートPC、ウェブカメラにテープ–オフィスで撮影の写真で指摘される

簡単な予防策として、パソコンのカメラにテープを貼っておくことが推奨される。

映画が、監視の実態を分かりやすく具象化したものだとすれば、スノーデン氏自身の言葉を直接収録したのが、『スノーデン 日本への警告』だ。

現在、スノーデン氏は、国家機密の漏洩の罪でFBIに身を追われ、ロシアに亡命している。その亡命先から映像を通して日本のシンポジウム「監視の“今”を考える」に参加した際の発言がまとめられたのが、この本である。

ここでは、スノーデン氏による「監視」の実態が語られる。

国家や政府による監視自体は古くから存在する。伝統的な監視の手法として用いられてきたのが、「ターゲット・サーベイランス」と呼ばれる方法だ。

これはターゲットを絞って行われる監視である。たとえば敵対するグループのリーダーの盗聴、また敵対する国の軍事的な変化の兆候を衛星で監視することなどを差す。加えて、物議をかもすのが、「敵対しない」相手に対するターゲット・サーベイランスだ。同盟国であっても、政治的に優位に立つために監視する行為。事実、アメリカのNSAはドイツのメルケル首相の携帯電話を盗聴していた。

こうして防衛目的以外にも、石油会社をスパイしたり、NGOやジャーナリストなども監視の対象(ターゲット)となる。

これが、伝統的な監視手法である。

そして、テクノロジーの発展とともに行われるようになったのが、「マス・サーベイランス」。無差別、網羅的に行われる監視である。

この全体に対する監視について、アメリカ政府は、グーグルやフェイスブック、アップル、マイクロソフトやヤフーなど、ネット関連の民間企業に協力させている。我々の日々の振る舞いの「メタデータ」が、網羅的に保存され、場合によって活用できるようになっている。

あなたがどこに行くか、何をしているか、どうやってそこに行くのか、誰と一緒にいるかなど、探偵が一日中あなたをつけまわしたらわかるような記録、それがメタデータです。

出典 : エドワード・スノーデン他『スノーデン 日本への警告』

何時に家を出るか、どの駅を使うか、どの喫茶店で、どんなものを注文するか、といったことは把握され、また、グーグルで何を検索したかも保存される。具体的な細部まで分からなくとも、無数の情報を組み合わせることで、「あなた」がどういった人物かが分かる。

たとえばNSAは、決してテロリストでもなければ暴力的でもないイスラム系の人々のポルノサイトの閲覧履歴や性癖についてスパイ活動を行なっていた。性的に保守的なイスラム教徒の性癖を暴き、拡散することで支援者の信頼を失墜させることを目的に。

デジタル情報として入力することの全てが一元化され、管理(監視)される世界を想像すれば、分かりやすいかもしれない。そして事実、そういう世界は訪れつつある。

これはアメリカだけの問題ではない、とスノーデン氏は警告する。アメリカがこういう手法を取ったのは、アメリカが技術的に多少進んでいたから、という理由のみで、他の国々も、もちろん日本も、こうした方向に進んでいく可能性は高いだろう。

情報を暴かれても、あなたが潔癖であったら問題ないはずだ、と監視側は言う。

しかし、誰もが隅々まで潔癖な人間などいるだろうか。また、相手が自分のことを隅々まで知っていて、自分は相手のことを知らない、というアンバランスの世界によって訪れる沈黙が、果たして「平和」と言えるのだろうか。

何を考えるかは人それぞれだが、ぜひ一度観てほしい映画と本である。