町を丸ごと買える、アメリカでゴーストタウン「セロゴルド」を販売

アメリカでゴーストタウンが丸ごと販売

町を丸ごと買える。もし、そんな機会に恵まれたら、一体どんな町にしたいだろうか。

まるでゲームの世界のようなことだが、アメリカで実際にあると言う。

アメリカのカリフォルニア州、シエラネバダ山脈の南部にある「セロゴルド(スペイン語で「豊かな丘」の意味)」という町は、かつて炭鉱として栄え、今でも一般住宅やホテル、教会、工場など22戸の建造物が残る。

広さは約120ヘクタールで、東京ドーム26個分に相当する。姿形は昔のまま、ほとんどの建物が修復されているが、今は誰も住んでおらず、ゴーストタウンと化している。

セロゴルド(Cerro Gordo)の隆盛の歴史は、19世紀半ばまで遡る。

セロゴルドは1865年に銀が発見されたことから採掘業が盛んになり、一時はカリフォルニア州で最大の銀採掘量を誇ったこともある。同時に治安も悪化して、最盛期には毎週のように殺人事件が発生。まさに西部劇の舞台そのものだった。

しかし銀の価格下落や火災などの不幸な出来事が重なって銀の採掘はすたれ、やがて町は廃墟と化した。

出典 : カリフォルニア州のゴーストタウン、1億円で売り出し | CNN

古びた建造物とともにゴーストタウンとなったセロゴルドを数十年に渡って保有してきた一家が、町を丸ごと販売することに決めた。

その要望を受け、不動産会社は、特設サイト「ghosttownforsale.com」を立ち上げた。

果たして値段は一体いくらくらいになるのだろうか。

町の購入にかかる費用は、92万5000ドル(約1億円)で、すでにテーマパークやマリファナタウンを建設する案もあると言う。

ただしアクセスは相当悪く、未舗装の道を12kmほど走り抜けなければいけない。

セロゴルドの映像

@jillianrebekah

@potulkypousa

@sonia.bers

観光客もときおり訪れ、ゴーストタウンの様子を写真に収めてアップしている。

また販売サイトでは町の様子の動画も公開されている。