プロール - ジョージ・オーウェル「1984年」

プロールとは

ジョージ・オーウェルの「1984年」には、「プロール」と呼ばれる階層が存在する。プロールは、貧しく、思慮に浅く、虐げられた人々として描かれる。

以下、「プロール」について説明、ないし描写された部分をいくつか引用する。

もし希望があるのなら、プロールたちのなかにあるに違いない。なぜなら、かれらのなかにのみ、オセアニアの人口の八十五パーセントを占める、あのうようよと溢れかえるほどの無視された大衆のなかにのみ、党を打倒するだけの力が生み出され得るからだ。- p108

 

生まれ落ちると極貧の環境で育ち、十二歳で働きに出る。美しさと性的欲望に彩られる束の間の開花期を経て、二十歳で結婚。三十歳で中年に達し、大多数は六十歳で死ぬ。きつい肉体労働、家庭と子どもの世話、隣人とのつまらぬいざこざ、映画、サッカー、ビール、そして何よりギャンブル、それがかれらの心を占めるすべてである。- p111

 

かれらに必要なのは素朴な愛国心だけ。それに訴えれば、必要なときにはいつでも、労働時間の延長や配給の減少を受け容れさせることができる。かれらが不満を覚えたときでさえ、実際、そうした状況がないではないのだが、その不満は何の変化ももたらさない。

なぜなら、かれらは全体を見通す考えを持たないので、不満をいくつかの取るに足らない個別の原因に帰着させるより他なかったからである。かれらはもっと大きな悪の存在には絶対に気づかない。- p111

ジョージ・オーウェル『1984年』より

プロールの志向は、絶対的な権力者が「愛国心」によって舵取りする。

彼らは、日々の苦しい労働と、家族の世話、隣人との争い、映画、サッカー、そしてギャンブルで占められる。

不満があったとしても、身近な、個別の原因に帰着させ、もっと大きな悪の存在に気づくことはない。

しかし主人公のウィンストンは、そのプロールのなかに秘められた力にこそ、状況を打開する力が隠されているのではないか、党は彼らをこそ恐れているのではないか、と考えた。